GK講習会

2009.06.01

◆ゴールキーパーの基本技術から練習方法まで

ポジションに特化したクリニックとして、FC東京でGKの育成から強化に携わる橋本亮一氏によるGK講習会を開催しました。
平日(月曜日)の17:30からということで若干参加者は少なかったですが、内容が濃く、実践にも踏み込んだ講習会となりました。
GKの動きはリアクションである。つまり、相手の動き(シュート)に合わせて素早く動くことを求め、ウォーミングアップから「見て動く」という反応を高めることを求める指導が行われた。
ゴールキーピングの基礎として、ステップワークでタイミングを計る、キャッチ時の体勢について細かい指導が行われた。
選手には専門的な動きのローリング・セービングにおいては、動きの習得・恐怖の克服することを伝えていました。
GK練習には、GKに獲得させたい・プレーさせたい状況を作り出すボールを投げる・蹴ることが重要だとサポート側への指導も行われました。
GKはミスして初めて気づくとして厳しさをトレーニングの中で求めていました。
シュートに対するポジションニング、DFへの指示、キャッチ後のスローインの選択など重要なポイントは実践のゲームの中で行われました。
部活動、チーム、クラブに帰ってからのトレーニングに活用することができる充実した講習会となりました。
201503020953_1.gif