自己改革講演会

2012.06.20

◆今ある環境に感謝する!

現在、小学校体育教諭をしている太田幸輔氏の青年海外協力隊におけるブータン王国への派遣で過ごした2年間を写真や動画を使いながら子どもに伝える講演を行いました。
ブータンの教育環境は義務教育ではなく、家の仕事を子どもが行うので就学年齢が一定でなく多様な年齢が同じ学年として学んでいること。体育がこれまで教育要領には組み込まれていないため、着替えや整列から指導を始めたこと、道具が無い、施設が無い、運動の種類が少ない、指導者がいないことについて話され、その中でも印象に残ったことは「無いものは作れば良い」という考えでした。街のゴミを集めて丸めテープで止めてボールを作る活動などからボールを使った運動やスポーツを指導することなど、現在の日本の環境を見つめ直し、自分達の行動を考え直す内容であった。
そして、「今、生活している日本の当たり前は世界では当たり前ではない」という言葉を子どもたちに強いメッセージを贈っていました。さらに太田氏は、「日本は恵まれている一方で見失っている事もある。しかし、子どもたちの可能性に溢れている環境であり、みんなの可能性は無限であり何にでもなる事が出来る、可能性を消しているのは自分でしかない」と伝え、子どもの将来への希望に溢れた講演会でした。
 
201503110012_1.jpg 201503110012_2.jpg